ONE's ROOM~壱ノ慈の主従とSM調教~

中イキしてみたい、感度を上げたい、SM調教をうけたいなどの性の悩みを持つ女性達の願望体験ブログ。ノーマルプレイ・SM調教・オナニー方法など様々なことをしてきています。 当ブログはスマートフォンでの閲覧を推奨しています。

当ブログは18歳以上を対象にしています。
閲覧、参加は各自の自己責任でお願いします。
当サイトの画像・文章などの無断転載・転用は禁止しております。

 

性癖としての噛む

前回、調教での噛むという行為について書いていきました。
被虐願望:噛まれたい

しかし、彼氏や彼女がセックス中に噛んでくるという経験をした方もいるかと思います。
つまり、パートナーの体を噛むという行為を調教でなくとも行う人がいるということです。
これは性癖としての噛み癖になります。

今回は調教との違いを確認する意味で性癖としてパートナーの体を噛む人の心理について書いていきます。


続きを読む

 

被虐願望:噛まれたい

噛まれたいという心理や噛まれるのが好きという性癖を持つ女性に対して行うことの多い行為の一つ。
今回は体験の中で行う噛むという行為だけでなく、噛まれたいと思う心理について解説していく。

噛む行為が好きな場合は性癖として割合多く存在するバイティングと呼ばれる。
性癖の噛み癖調教としての噛むは意味合いが異なる。
調教の中では噛むという行為を痛みを与える手段と痕を残すことで所有権を主張するために使用している。
道具や手を使ってのスパンキングで一瞬の苦痛を与えるのではなく、口という体内に直に触れて継続して行うために噛まれている部位の主導権を相手に握られているという意識を持たせることも可能。
続きを読む

当ブログに訪問してくださった皆様ありがとうございます。
こんばんは、壱ノ慈です。

報告が遅れましたが11月30日に確認したところ

ライブドアブログのSM・調教カテゴリでのランキングで27位に入ることができました。
同時に11月度の月間PVが10000を超えることができました。

本当にありがとうございました。
これからも更新を続けていきますのでよろしくお願いします。

当記事は2018年10月1日に投稿した記事ですが、更新を終えたので過去の日付にまわしたものになります。

どうも壱ノ慈(イチ)です。

前回の記事であとがきのようなものを書くと言ってから時間が経ちましたね。

さくっと書くだけならすぐにできるのですが、読んでくれている方に伝えたいこと解説をしたほうがいいなということが多くなってしまいました。

最近は新規の方や継続の方で週の半分は依頼があり、夜の遅い時間はほぼ毎日通話をしている状況にあります。

このように忙しくさせていただいているのはとてもありがたいことなので、この場で改めてお礼を言わせていただきます。


が、ブログを書く時間がとれない!
正確には集中して書く時間を自分が作れてない!

そんなわけで非常に申し訳ないのですが、「まだしばらくは長い目で見守ってほしいな…」というイチの夢と希望を詰めたお願いを是非とも叶えていただけるとありがたく思います。

今後ともよろしくお願いします。


壱ノ慈

 

首輪をつけてのSM調教体験 変態へと開発される専門学生のM

首輪調教、笑顔の奉仕とオナニーで狂う 19歳専門学生のM①の続きです。

ベッドに移動し、髪を結んで正座の姿勢で待っているMの首に首輪をつけていく。

そしてMの頭に手を置いて顔を見据えて言う。

イチ「首輪をつけたということは気を引き締めていかないといけないからな。今自分が所有されたことはきちんと自覚できるな?」

M「はい…分かります…ありがとうございます…」
続きを読む

↑このページのトップヘ