高身長が悩みの女性との体験前の話 21歳ショップ店員のB


「私はMってことを自覚してるんですけどみんなそんなにSっぽいことをしてこないのが悩みで…」

そんな悩みを持った中で今回体験をしたのは就職に備えショップ店員をしている女子大生のB。

実際に話したところMというのは分かったが、170センチという身長にヒールを履くのが好きなので外見的にMに見られないとのことでした。
ショップ店員B
外見的にMに見られないといってもMというのは内面的なこと。
そのままのBとして体験を受けないと女として満足は少ないと考え、あえて遠慮なく高いヒールを履いてくるように伝えて体験当日に。

今回はBの希望で少し話してから体験を受けたいとのことだったので、待ち合わせ場所をカフェに指定。

先に入り休みながら時間を待つと、Bから着いたとの連絡が来ました。

イチ「こんにちはB。初めまして」

B「初めましてイチさん!」


そこには写真のような服装をしてヒールを履いたBがいました。

飲み物を注文して席につくとBが言いました。

B「すいませんヒールで…」

イチ「いや、俺が履いてきてって言ったんだからいいよ。そのヒールだとBの方が高いけど俺は気にしないよ。むしろBは自分の方が高いと相手が嫌なんじゃないかって思うんでしょ?」

B「はい!その通りです。私は自分より高い人がいいってわけじゃないんですけどね…」

イチ「それならいいでしょ。そもそも今日はBの中を見てするわけだからね。それにヒール履かせてきたのも理由があるしね」

B「理由ですか?」

イチ「そう。一つは普段通りのBの状態でも満足できるってことを教えるため。もう一つはヒールだからこそ良くなることをするためだね」

B「そうなんですね…。恥ずかしいけど楽しみです!」


そんな会話をしながらしばらく雑談をして過ごしていくと、どうやらダンスもやっているらしくイベントなどにも出てるということが分かりました。

イチ「体験の時の写真掲載はなしって言ってたのはそれが理由なんだね」

B「あ、それもですけど載るのは怖いというほもあります。」

イチ「それはそうだろうね。分からないよう加工した上でそれならいいって人が写真つきの記事になるからね」

B「そうですよね。中々勇気は出ませんね(笑)」

イチ「いいんだよそれでも(笑)でも話した通り体験中に写真を撮るのは構わないんだよね?」

B「はい!元々そういうのは好きなので…」

イチ「それならイメージしてた通りにBに合ったことができそうだよ」

B「よろしくお願いします!」

B「でもイチさんってカウンセラーみたいですね。色々見透かされるし話してると何か楽になります」

イチ「あー、よく言われるね(笑)俺がカウンセラーと話したことないから実はよく分からないんだけど、相手のことが分かればそれに適した行為をしやすいからそうしてるってことだよ」

B「どういうことですか?」

イチ「例えばBだったら170センチでヒール履いてる女。ってだけの見方ができるよね?そこにまずMというのが加わって、さらに身長高くてM扱いされにくいのがコンプレックス。ここまではいいかな?」

B「はい」

イチ「そうなると、俺が今日相手をするのは身長の高さがコンプレックスな女の子になるわけだから、そのコンプレックスをあえて使う行為をすることで、Bにとっては初めてだしコンプレックスがメリットになる経験ができるわけさ」

B「そこまで考えてもらえてるのってすごい嬉しいです。でもなんかすごいことされそうな気がします(笑)」

イチ「実際は普通だと思うよ。その時にBが思ってる気持ちが変わるだけでね」

B「そうなんですね。なんかドキドキします…」

イチ「それがあとでどうなるかは楽しみだね。それじゃあそろそろ行こうか」


こうして1時間ほど話してからホテルに向かうことにしました。

続く
高身長の悩みを利用した羞恥責め 21歳ショップ店員B②

アダルトブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。