応募理由とは違う本当になりたい自分
19歳低身長大学生のY①

「この人と話してみたいセックスしてみたい」
そんな理由から応募をしてきた19歳大学生のY。

応募後の通話によるカウンセリングにて彼女はなりたい自分に気づき、体験で初めての自分に対面して変わっていくことになった。

イチ「希望行為にすべて任せますとあったけど、アブノーマルプレイの経験はあるの?」
Y「ないです」
イチ「例えばこんなことでも大丈夫なの?」
Y「大丈夫だと思います」


初めての通話時にこんな会話をしたY。

ただ漠然といいセックスをしたいという理由だったので話をしていったものの、Y自身も何を求めているかが分からない状況でした。

そんな中、2度目の通話でかけた言葉でYがどうなりたいかが見つかりました。

イチ「せっかく勇気を出して応募して体験を受けれることになったのに、何かを得ようとしないともったいないよ」
Y「あ、一つありました! 私セックスの時に冷静に考えてしまっていてのめりこめないんです…」
イチ「それは体は気持ちいいけど…ってことでいいのかな?」
Y「はい、そうです。諦めてはいるんですけどね笑」
イチ「それならYがなったことのない状態にして冷静だけど入り込めるようにするのがいいかもね」
Y「なれますかね?」
イチ「例えば〜なことはしても大丈夫かな?」
Y「されたことないけど大丈夫です」
イチ「それなら嫌悪感とかが出なければ頭はいっぱいになるだろうから大丈夫だよ」


こうして心から感じたいというYのなりたい自分が見つかり、Yの同意の元に何をするかも決まり体験の日に。

合流を済ませてカフェで話をしてからホテルへ。

ホテルに入り少し会話をしてYの緊張がほぐれてきたところで体験の準備を始めていく。


今までの男性との行為とは違うということを認識させるために、目の前に立たせて一枚一枚か写真を撮っていく。
19歳低身長大学生Y1

唇を噛み、恥ずかしさに耐えながらスカートをまくるY。

19歳低身長大学生Y2

言われるままに服を脱ぎ、その姿を晒していく。

19歳低身長大学生Y3

体を覆うものがなくなっていき、表情が段々と変化していきつつも羞恥心から顔を隠し見られないようにするY。

19歳低身長大学生Y4

イチ「最後の一枚も脱いで体を晒しな」
そう指示を出すと、最後の一枚を脱いで当たり前のようにカメラの前に体を晒すY。


そうして床に座ったYに最後の確認をとり、体験を始めていく。

続く
気持ち良くするだけじゃない 奉仕でも感じていく 19歳低身長大学生のY②


<関連記事>
ONE's ROOM-体験をしてきた女性達
女性達はどんな理由で応募をしてくるのか


・体験に興味のある女性はまずこちらを読んでください
このブログについてとQ&A
・その上で体験をしたい女性はこちらからご応募ください
体験応募フォーム



今回の体験談はいかがでしたでしょうか?

もし、今回の記事で少しでもあなたの心が動いたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。