服を着たままバックで責められていく
19歳低身長大学生のY⑤

一連の体験を終えたY。
休息をしながら話していたがまだ時間があったため一つ提案をしてみることに。

痛みを越え電マと挿入の快感に浸される 19歳低身長大学生のY④の続きになります。
イチ「Y、服を着てしてみるかい?」
Y「あ、やってみたいです!」


そう聞いてみると楽しそうな顔で返事をして服を着始めるY。
下着を身につけず直に服を着させたので動くたびに胸が揺れている。

したことがないことへの違和感を感じつつも恥ずかしがるYを抱き寄せ、後ろからキスをしながら胸を揉みしだいていく。
ブラのない状態で服越しに胸を責められる感覚に薄く喘ぎをこぼす。

そのまま足を開かせると、スカートの中に手をつっこみ秘所を弄っていく。
先ほどの余韻が残っているのか未だ濡れているYの秘所を責める。
口と胸と秘所を同時に嬲られるY、手を入れられたスカートの中をYには見えないままぐちゅぐちゅと音を立てて責めていった。

しばらく手で責めるとディルドを取り出していく。
Yを後ろから抱くようにしつつ開かれた足の間にディルドを挿し入れる。

ディルドにより奥を突かれ続けて声を上げるY。
溢れる愛液にディルドを持つ手まで濡れていった。
服を着たまま中を責められる

服を着たまま秘所を責められる恥ずかしさと気持ち良さ、2つが混じり合った声でYは喘いでいく。

その感情が高まり表情に艶が出てきたことを確認するとモノを舐めるように指示を出す。

尻をむき出しにして中を責められながらむしゃぶりつくY。
咥えながら中を責められていく

唾液をこぼしながら深くしゃぶり、喘ぎとえづきが混じりながらひたすらに続けた。

そうしているとYが腰を振り始め、求める気持ちが高まったところでソファーへと移動をしていく。


立ったままソファーに手をつかせて腰を上げさせスカートをまくり尻をむき出しにさせる。
濡れている秘所が丸見えになりYは恥ずかしそうに腰を揺らしていく。

そのなまめかしく動く腰を掴むと、秘所へモノを突き刺す。
着衣立ちバックで突かれる1

Y「あっ…あ…ああっ」

中をえぐりながら奥まで挿れられていく快感に深く喘ぐY。
2度目の挿入でスムーズに入り、中の準備も整っているため深く深く突いていく。

モノが奥に当たるたびにYは高く声を上げて快感に浸る。

腰を打ち付けるたびに服の中ではYの胸も揺れ動いていく。
そこでさらに恥ずかしさの中で感じさせるため、Yの服を下げて胸を露出させる。
服からこぼれるように胸を露出させたまま腰を打ち付けられていく。
着衣立ちバックで突かれる2

勢いが増すにつれて髪を振り乱して声を漏らし、胸も責められ高まっていく。
突かれながら責められる

その中で何度か体勢を変えるように指示を出す。
ただ単にその体勢になるのではなく、Yは自分の体に突き入れられるためにその体勢になり快感を体の中に取り入れていった。
さらに奥に当てられていく

足を上げ、位置を変え、様々な体勢で腰を打ち付けられるYは中の一箇所だけでなく様々な角度で快感を感じていった。
そして幾度かの高まりを見せたのちにフィニッシュへ。

こうしてYの体験は終わりとなりました。

体験後食事をとりながら話しているとYが言ってきます。

Y「イチさんも体験も想像通りでした。
でも想像って期待してる分大きく見ちゃうじゃないですか?
だから期待を満たしてくれたってことなんですよ!笑」


そう良い終えたYはとてもいい笑顔でした。


余談
Yより



・体験に興味のある女性はまずこちらを読んでください
このブログについてとQ&A
・その上で体験をしたい女性はこちらからご応募ください
体験応募フォーム



今回の体験談はいかがでしたでしょうか?

もし、今回の記事で少しでもあなたの心が動いたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。