Zの日記④
この記事は応募を経て体験をしたZが書いていた日記を本人の許可の元転載したものです。
Zに感想を伝えたい方はコメントしていただければ伝わります。


『ついにお会いしてきました』

やっとやっと
以前から日記に書いていた男性の方とお会いしてきました( ´ ▽ ` )ノ

タラレバですけど、もし自分が男性に生まれ変わったら、こういう人になりたいなって思えるような方でした。
顔も綺麗だけど、それよりも所作とか雰囲気とか考え方とか好き。

帰り道も一緒に歩いていて心地良かったです。
こんなにちゃんと向き合ったのは初めて。
Zの日記

心地いい理由は何だろうって考えたら、
私が相手に対して向き合ったのもあるけど、相手の方がしっかり時間や労力を使って向き合ってくれたからかなぁって思いました。なんというか、大事にしてもらったような気がします。

何かしら誠意が伝わっていたら嬉しいな。


噛み跡もしっかり残してもらいました。

スパンキングも、私がお遊びで経験してるような甘いのじゃなかったので、身体の深部に染み込むような痛み。
「うぐぐ…」とか、「がはっ」って声が出そうな感じ。伝わるかな…笑

でも、行為が終わってまどろんでいる時に
また叩いて頂いたんですが、
左側のお尻を叩かれた時「入ってくの分かる?」と言われ、ビリビリ痛むお尻をぎゅううっと抑えられると、なぜかそこからブワっと気持ちよくなってしまって。
こっち側も叩いてくださいと言い、右にも3発頂きました。

めちゃくちゃ痛いんですが、気持ち良さで肩がプルプルしていました。
この痛みもしっかり覚えておきたいです。

与えられる目の前の行為にひたすらついて行くような感じだったので、女の子らしくいようとする余裕はなかったです。
口から零れる唾液で顔もぐちゃぐちゃ。
顎につたう唾液を指ですくい「糸引いちゃって」と微笑えむ相手の方と目があった時に恥ずかしさが飛んでいった気がします。

帰り道も行きと同じように手を繋いで歩きました(^∇^)
夜の新宿なのに、すごく平和な街に思える。
久しぶりに満たされた気分で幸せです。


Zの体験はこちらから
SM体験:Mか悩んでいた強気な女性が変わるまで 20歳大学生のZ①