電マで果て中の気持ち良さに溶ける
22歳大学生の真美②

おざなりなセックスではなく何もわからなくなるような体験をしたい。
そんな気持ちで体験にのぞんだ真美は奉仕の中で溶ける気持ちを知っていった。

顔も心も溶けるような体験を 22歳大学生真美①の続きになります。
中をかき乱され声を上げ続けた真美。
手を止めると荒い呼吸を繰り返して息を整えていく。

その様子を見ながら次の準備にとりかかることに。

手錠を取り出し手を拘束すると目を見ながら電マを使うことを伝える。
使われると自分がどうなるのかという緊張と先ほどまでの余韻が残る真美。
感度を上げるために秘所を手のひらで上からほぐすようにさすってく。

ゆったりと気持ち良さそうな声を出していた真美の秘所周辺から力が抜けていったことを確認すると、準備をしていた電マを押し当てる。

静かに心地よさのある気持ち良さから激しく強く快感へと一気に変わり、真美の口からは声が上がっていった。
初の電マに叫ぶ

初めて味わう刺激に声を荒げながら感じる真美。

叫んでも叫んでも止まらず続いていく快感に歪んだ表情で狂っていく。

そうして電マでの責めを続けながら、さらに深い部分でも感じさせるために責めを増やすことに。

指で中を責めた時にポルチオで感じるようになっていたため下腹部に指先を当てて同時に刺激し始める。
ポルチオと電マの刺激に叫ぶ

ポルチオと電マの刺激に思うように動かせない体を振り乱しながら声を上げていく。

コントロールが効かなくなったように体をバタつかせて気持ち良さで追い詰められた声になっていった。


こうして続いていった責めに何度も果て、満身創痍の様子な真美。
責めを終えると手錠を外して挿入へとうつる。

これまでに受けた快感ですら予想できなかったのに、挿入されたらどうなるか分からず緊張と不安の混じった表情の真美。

そんな彼女を抱き寄せるように中へと挿れていく。

準備の整った真美の体は中へと入るだけで快感に襲われ声を出していった。
準備の整った体は挿れるだけで快感に

声を上げ続ける真美を抱きしめながら腰を打ちつけていく。
声が高くなるたびに真美が背中に回した手に力がこもり強く抱きしめられる。

密着したまま何度もキスを重ねると体位を変えてさらに真美の快感を引き出していく。
深く奥を擦られていく

深く奥に突き入れたモノを擦るように動き、ポルチオへ直に刺激を与える。

溶けきった表情になりながら甘くとろけた声を上げていく真美。
ポルチオを擦り続けながら顔を向かい合わせて舌を出すと、真美は必死に舌を伸ばして舐めていった。

腰を擦り付け合いながら舌を絡ませていき、繋がったまま後背位へと変えて責め続ける。
腰を打ち付けられていく

腰を打ちつけ何度も奥を突き、そのたびに真美の喘ぎが響いていく。

奥へと深く押しつけたままクリへと電マを当てがうと狂ったように叫びを上げていった。
支えきれなくなった体をさらにえぐられていく

重なっていった快感に体を支えきれなくなった真美。

限界がきた体をさらに追い詰めるため容赦なくえぐっていった。

腰を持ちひたすら使うように打ちつけていき、真美から出る声にならない声を聞きながら勢いを強めていくと限界が近づいていく。

再び押しつけると動かない真美の耳元でどうしたいかを問いかける。
返答のまま中から抜いてゴムを外すとゆっくりと真美が近づいてきた。
口の中で受け止める

真美はモノを咥え込み、残った力を振り絞るように動かしながら口で精を受け止めていった。

そうして飲み終えるとうつろな表情のまま枕へと倒れこみ今回の体験は終わりとなりました。


真美「本当にいい経験ができました。自分でもびっくりです(笑)」

帰り際真美からこんな言葉をもらい、お互い笑顔で帰路につきました。



関連記事
適当なセックスばかりでイクことが少なかった22歳大学生の体験感想
服従調教で感度が上がるメカニズム
ONE's ROOM-体験をしてきた女性達

・体験に興味のある女性はまずこちらを読んでください
このブログについてとQ&A
・その上で体験をしたい女性はこちらからご応募ください
体験応募フォーム



今回の体験談はいかがでしたでしょうか?

もし、今回の記事で少しでもあなたの心が動いたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。