物として扱われたいSM欲求を体感した23歳女性の感想とその後

今回は「誰かに虐められたい、自分が身動きが取れない状態で玩具攻めなどをされてみたい」という欲求をもっていたが、依頼をすることで実際の欲求は「信頼する相手に物として好きなように扱われたい」というものだと分かった23歳女性からの感想になります。

それと共に、そこから数ヶ月にわたり体験を重ねた彼女の様子を掲載しております。
加奈調教体験感想
今日体験をさせてもらい、新たな本当の自分(この表現でいいかわからないです汗)を出すことができました。

初めは緊張してどうしたらいいかわからなったのですがイチさんに命令されて行為をおこなっていくうちにどんどん緊張から気持ちいいものに変わっていって、幸せすぎて本当にこれが現実なのかわからなくなりました。

口角が上がっているのも自覚なかったです(笑)またイチさんと繋がっている時も凄く気持ちよくて溢れてくるものが抑えられないくらい幸せでした。

あんな気持ちになったのは初めてです。
今は前にお話した不安や恐怖というものが無くなりました。

また色々なことをお話できてとても勉強になりました。
私の過去の事もちゃんとお話できて良かったと思っています。

今日は本当にありがとうございました。
イチさんにコンタクトを取って実際にお会いできて本当に良かったです。

またよろしくお願いします。

この女性は過去にとある経験をして、自分にとって変わるきっかけでもありネックになるものでもありました。

それゆえ人に話すと引かれてしまうという怖さがありました。
しかしイチと対面して話をするうちに、伝えても引かれないし受け止めてくれた上で自分に対しての態度が変わらないであろうという信頼を持ってくれて話してくれました。

体験後、今まで見せれなかった自分を出せたことで、そんな自分として溜め込んでいたことや人に相談できなかった自分の弱さを言えるようになりました。

そうして彼女自身について分かったことが、「自己肯定感の低い完璧主義者」であるということ。(これについては後日記事にする予定です)

だからこそ彼女が思う自分でいてもいい甘えれる場所にイチがなり、その状態から自信につながる実績を積み上げていけるようサポートをしている最中です。


それと共に、物として扱われるということに慣れて受け入れたことで行為をした際に得れる精神的報酬が増えていっています。
精神的報酬というのは、気持ちいい・嬉しい・幸せ・満たされるなどのプラス感情のこと。

そのため日常を過ごしていく中で溜まったストレスなどの発散や自分へのご褒美のようなものとなり、以前よりもイキイキと生きることができるようになっています。
SM奉仕

SM奉仕

SM羞恥プレイ

加虐

どんな形であろうとも、自分がプラスに思える日々になるのであればそれは幸せの形の一つではないでしょうか。

以上


関連記事
SM体験:表面的欲求しか気づかなかった 23歳クリエイターの加奈①
被虐願望:髪を引かれる

・体験に興味のある女性はまずこちらを読んでください
このブログについてとQ&A
・その上で体験をしたい女性はこちらからご応募ください
体験応募フォーム



今回の体験談はいかがでしたでしょうか?

もし、今回の記事で少しでもあなたの心が動いたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。